最新情報(固定記事)

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
★ミナーヴァの冒険 ~従属するモノ~
発売中です!左のメニューからどうぞ!
最新:Ver 1.11d
・ミナーヴァ登録情報

★スーサイダー
予告中です!体験版準備中です!
・スーサイダー仮設ページ公開

★キャッスルえびる
開発中です!進捗25%(体験版範囲:80%)
・キャッスルえびる仮設ページ公開

------------------------------------------------------------
★更新情報(2016/12/24)
更新
-Minerva Translation Patch (English) for 1.11c or later
-Ver1.11eパッチ
・ミナーヴァ登録情報

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

2017年3月10日金曜日

花粉めっ!

風邪かと思ったら花粉症だった

■ぷろだくつ

・スーサイダー

( ˘ω˘)

・パツィーノ

SS撮ったので、タイトルはめて紹介画像作ったらGOの予定

スーサイダー予告しっぱなしでこっちも予告出すのもアレなので、製品版までチェックしてから登録しようかな?

・キャッスルえびる

ラスボス修正中
終わったらイベント作成に移ろうかな…

・ミナーヴァ

特にないけど、パッチ別公開のままなのもあれなので、統合して差し替えようかな?
作成途中の奴隷島アドオンも少し手直しして、入り口だけ追加しようかな。

(新規CGとかはないのと、他の作業があるうちはやる予定無いので、途中版だけ入れておこうかと)

・次

アポカリ:これは確定
格闘:要するにROA風エログロあり?
旅RPG:ストーリーねってからかな…( ˘ω˘)

■雑感

・花粉症

鼻水や涙は出ないけど、刺激を受けるようになってきたのでしんどい…
頭もぼーっとする

・OW

修正を巻き戻したりして??って感じが。フォーラムもしっちゃかめっちゃかの模様

・けもフレ

9話見た。色々良かったのでGYAOやニコニコで見るよろし。


■アクションとエロリョナ

ついったで少し話題になったのでまとめる。
過去話した内容は省略

・問題点

アクションは「ステージ」と「敵」のみしか変化がないため、冗長にならないようボリュームを増やすのが難しい。(ギミックメインにしても良いが、結構大変だと思う)

イベントやマップ、戦闘で増やせる、素材が元からあるRPGと比べるとコスパが良くない。
(マップやキャラクターモーションまで全て自作になりがち)

エロリョナと相性が真逆のため、同調融合させることが難しい
テンポを取るか、エロさを取るか

・前提

前提を変えればいくらでも答えは出るので、ある程度縛る

→素材やデザインの技量は並程度とする(勝負に出られるようなレベルの素材や見栄えがあれば、問題にならない

→PC被虐中心(NPCをあれこれというのはよくあるが、PCをアレしたい派とは好みの方向性がかなり異なる。というか、NPC被虐形式には問題も多い(後述)

・対処案とその評価

プラットフォーム前提で考えると、かなり難しい

NPC被虐プラットフォームにする
→パターン&絡みをそれぞれで作るのが大変(これは作ってみるとワカル
→PC被虐タイプとしては微妙(これは完全に好み
→プラットフォーム以外の方式であればやりやすくなる

勇者のくせに生意気だ風/ダンジョンキーパー風
→既にあるが、知らないと言うことはそういうこと(シチュが分散する
→ヒロインハンティングはこれのSLG版か(宣伝)

レミングス風
→既にある。もっとドット絵はでかくて良かったかも(あるいは拡大縮小

格闘風
→魔法少女のアレとトロルくんをやろう。
→問題点として「抜ける状況に持って行くのが難しい」というのがある。
(まあそこはシステムで対処すればいいか…)

罠ハメ
→影牢風の。←コンボが難しい。
→悪の幹部候補生はこちらからもし掛けられるのでさらに自由度が高い


・まとめ

ハイスピード/プラットフォームはエロと相性が悪い
→ハイテンポが売りなのに、エロでストップするとテンポが崩れるのが困りもの
→装備品やスイッチで切り替える方法を考えたが微妙。
 もうACT部分を真面目に作って、エロは意図的にやらないと出ない/オマケ程度と割り切った方が良いかもしれない

→同様の理由で、レーシングやSTGも合わない


プラットフォーム以外の形にする
1画面の罠ハメ形式や、ROA形式、ミッション形式など、シチュエーションに集中出来る形にする。
自分から突っ込むのもアレかもしれないが必死に戦って負けるなどのシチュ作りなどには丁度良いまとまりかた。

プラットフォームはどうしても道中うっかりみたいな話になり、やり直しも面倒だし…となりがち。
細かく仕切ることで、テンポを損なわずにプレイ出来そう。


1対1の形にする
ROAや悪の幹部候補生のように、襲う側が1種類、1体にすると、ごちゃごちゃにならずイベントとして成り立ちやすい。
(ミクロのランダムにより、即興の物語も産まれやすい)


NPC被虐形式で考える
操作出来ないNPCをどうにかしてエロに持ち込む。
調整は面倒だが、行為への流れは自然になる。(NPC被虐全般に言えるが)
NPC被虐の方が好きな人には、かなり選択肢が多い。


アクション以外の形式にする
身も蓋もないが、アクションよりADV/RPGの方がエロとゲーム性が一致しやすい。
 今回はACT/PC被虐の縛りで書いたが、そっちのが好きな人はそれでいいと思う。

・ちなみに

上記問題は「素材や見栄えが並程度」という前提にして、純粋にアクションが合うのかという思考実験になっている。

素材(ドット絵、モーション、CG、UI)や、その見栄え(画面デザイン)がどれか飛び抜けて良ければ、そういった問題は無関係となる。

なので、厳密には「アクションエロは合わない?」というのは間違いであり、「アクションエロはとりあえず打てば当たるという代物では無い」といったところ。

プラットフォーム形式をある程度やめて、シチュ作りやストーリー作りに重きを置くというのも手。
あるいは、素材やモーションをこだわってみるというのもいいかも。(単体でも満足出来る奴)

■スクショ

関係図加工として飽きた

見えた!」

シスター服が適当過ぎたのでちゃんと書いてる

これでもいいんだけど、某アレと被っちゃう

わーい!

…ん?

シュッ

けもフレいいよね(6話

(´◔ω◔ `)

さめ

石化いいよね…

えくらんさんとこの騎士ちゃん

( ՞ਊ՞)


0 件のコメント:

コメントを投稿