最新情報(固定記事)

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
★パツィーノの幸せの鳥
完成しました!
・パツィーノの幸せの鳥登録情報

★ミナーヴァの冒険 ~従属するモノ~

・ミナーヴァ登録情報

★スーサイダー
予告中です!体験版準備中です!
・スーサイダー仮設ページ公開

★キャッスルえびる
開発中です!進捗50%(体験版範囲:90%)
・キャッスルえびる仮設ページ公開

------------------------------------------------------------
★更新情報(2017/4/24)
更新:パツィーノ登録情報
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

ミナーヴァ観点のゲームオススメガイド(立ち絵エロ/見下ろしARPG/RPGオススメゲーム)

というのをまとめてみたくなったので、まとめてみました。
そういう系統が好きな人は目安としてチェックしてみてください。

リリース日見れば分かりますが、どっちかというとミナーヴァの方が後出しです。


■注目ポイント

大体でまとめると量が多いので、下記に絞ります。

立ち絵エロ:

CGというより、立ち絵がそのまま行為モーションに入ったり、エロられたりするゲーム
BFや戦闘エロは類似するが、今回はあくまでミナーヴァの立ち絵モーションに近いモノに限定
ゆさゆさでなくとも、何かしら動きが有れば。

立ち絵エロの利点として:
・シームレスに行為に入れるため、臨場感が維持される。
 画面が切り替わって頭がリセットされるのを防ぐ。
 3Dゲームに類似したスムーズさが産まれる。

・普通にアニメーションさせるよりも安定したクオリティを出せる。
 素晴らしい手書きアニメ/AEアニメを作るのは非常に難しい上に、中途半端では逆に気になってしまう。
 Flashのように加速度/減速/初速度を使ったアニメーションは『いかにエロい動きにするか』という目的に合っている。

見下ろしARPG:

ARPGは多いが、「剣を振って攻撃する」というところがポイント。銃や杖(魔法)でもOK。

寝てる間に縛るイベント:

これは完全にえびの趣味だが、普通に寝ているという日常から、縛られるなどしてそこから起こされ、ぬぷられるという非日常への落差というのが素晴らしい。

ゲームオーバーのその後も操作可能:

ゲームオーバーになっても、そこから復帰するまでの流れもゲームプレイできるというもの。
一般ゲームで「死んだ後暗転した」その先を見たいというのがエロリョナゲーに思うモノ

RPG:

上記条件を含んだRPGも一部紹介。



■アルハランの聖杯 

○立ち絵エロ(モーションあり)
○見下ろしARPG
○寝てる間に縛るイベント
○ゲームオーバーのその後も操作可能

何回も宣伝してるように、ブレイクスルー作品としてオススメします。
ポイント:
・立ち絵モーション:たゆんとした動きが新しい。(ほぼ初の試みでは…?)
・剣を振る攻撃が出来、間合いも丁度良い

・ほぼ全モンスターに専用モーションアリ。
・人間イベントも豊富


■MaidenSnow Eve

○立ち絵エロ
○ローグライク
○ゲームオーバーのその後も操作可能

ローグライクとエロリョナの相性は抜群。
死ぬことが必然となるので、わざと負けようと思わなくても最終的に発動する。
ポイント:
・豊富な着せ替え(立ち絵エロにも反映
・ローグライクがエロリョナにマッチし、シチュエーションそのものに妄想のしがいが出てくる。

■KNIGHTS OF THE PHANTASM

○見下ろしARPG
○寝ている間に縛るイベント

ポイント:
・充実したシナリオ
・幅広いシチュエーション

0 件のコメント:

コメントを投稿