最新情報(固定記事)

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
開発中!
★トラブルトラベル(トラトラ)
呪いを解くため旅立つ、オフィーリアの一人旅ARPG!
★アーティファクトクライシス(アークラ)
えびげんさん(エヴァ)がアーティファクト研究所で起きた事件を追う…?
コントラ風STG-ACT!

製作の最新情報はCi-enにて!

発売中!
・キャッスルえびる登録情報ページ
・スーサイダー登録情報ページ
・スペルマスター登録情報
・パツィーノの幸せの鳥登録情報
・ミナーヴァ登録情報

ダンジョンオブエロチックマスター発売中!(プログラム担当)
------------------------------------------------------------
★更新情報(2018/11/01)

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

2019年4月22日月曜日

ミナーヴァで取っていた方針

評価コメントに、
・エロが使い回しで飽きる
・値段についての指摘
があったので、軽く当時や今後の方針について書いておきます。
(ってリリース2016年…3年前か…)

■モーションパターンについて

ミナーヴァはSkyrim+SexLabFrameWork方式を参考に、状況に合う体位の中からランダムに選んで使うというのをやってます。
(名作であるメイデンスノウ方式とも言えます。あっちのがパターン分けと表現の仕方が上手いのでイコールではないですが)

モンスター全種+イベントごとに別…となるとCGやモーションの数がえらいことになるのと、それはユーザの多くが一番に求めていることなのかという点は難しいポイントです。

もちろん理想論で言えば個別の方が良いでしょう。ただ、CG追加は当時の製作状況を考えると完成が数年遅れたり、値段が上がったりもあり得るので微妙なところです。

飽きが来やすいという点自体は、今後別作品で改善できたら良いなぁとは思ってます。
(記録のため、ミナーヴァ対応表に追記しました)

時々全く同じモーションが出てしまうのと、よく使われるモーションなど偏りがあった当たりが問題だったかなと。

例えば:
・体位ごとに違うパターンを増やして、個別割り当てにする
・イベントなどは小道具や竿役も意識して差異化する
など。

■値段について

基本的に「🦐がそのゲームを幾らで欲しいと思うか」を基準にしてます。
加えて製作コストや体験の価値、ジャンルの稀少さ(類似ゲームの有無)…など基準は多岐にわたるので、"これだからこう"という説明は難しいです。
値段付けそのものが難しい話だと思います。

あと、セールのタイミング等は口止めされてるので言えません。
(🦐だってどうせならセールで買いたい気持ち分かりますし)
 

■このページの扱い

・自分の考えを示すために記載しました。
・今後似たような指摘が別のコメントであっても、ここに誘導すると思います。
・その他、なんでもかんでもコメント評価等公開するわけではないのでご了承ください。

0 件のコメント:

コメントを投稿