最新情報(固定記事)

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
開発中!
★トラブルトラベル(トラトラ)
呪いを解くため旅立つ、オフィーリアの一人旅ARPG!
★アーティファクトクライシス(アークラ)
えびげんさん(エヴァ)がアーティファクト研究所で起きた事件を追う…?
コントラ風STG-ACT!

発売中!
・キャッスルえびる登録情報ページ
・スーサイダー登録情報ページ
・スペルマスター登録情報
・パツィーノの幸せの鳥登録情報
・ミナーヴァ登録情報

ダンジョンオブエロチックマスター発売中!(プログラム担当)
------------------------------------------------------------
★更新情報(2018/11/01)

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

2017年10月14日土曜日

10月中旬

すでに残り3ヶ月を切っている…!

■プロダクツ

・スーサイダー

(’ヮ`)

・キャッスルえびる

ほぼ出来た感じ。
残りのバグ修正と、BGM準備できたらクローズドβテストかな。
一回見てもらって、大丈夫なら体験版公開(可能なら予告)…といった感じ。


・サーシャのドーナツ大作戦! 

ミニゲーム作りました。
左右でゲットします。

■雑感


・ゲーム下手に発言権は無い?

よく話題に上がるエアプか否か問題、🦐はこの分類がおおざっぱすぎると思って下のように分類した

1.最後までクリアした人(プレイしてエンディングまで見た人)


2.途中までクリアしたが、難しくて断念(プレイしなくなった人)
3.ステージ1で諦めた人

4.買ったけどプレイしてない。内容はWikiや動画とかで見た
5.買ってない。動画とかで見た。


上記、1は当然最後まで自力でクリアした、一番偉い人。

というか、2以降は実際発言力は低いのは当然ではある。

5はもはや論外ではあるが、4/5あたりが狭義のエアプと思われる。


ところが、2,3も「エアプ」という意見があり、少し狭量さを感じた。(というかエアプ発言じゃないのも全部エアプ扱いになってた)

具体的なソフト名を挙げて喋っていれば弾劾されても仕方ないが、そうではなかった。


ゲーム全般について喋ったときも2,3はエアプ扱いされて、(これはもう、ゲーム下手な人は何も喋られないのでは?)
という印象を受けた。

(まあ、プレイあきらめを公言したり、特定のゲームについて言うのは確かに危険ではある)



Steamでも2,3系のレビューもあるが、明確に「最初のステージをクリアしての感想」「数時間プレイしての感想」と但し書きしている。

仕組み上買った、プレイしたことが明確なのも、そういう土壌を産む助けになっているようだ。


Steamレビューでも当然1の方が「参考になったポイント」は多いが、2,3が推される事もあり、ある程度市民権を得ている。


一方で日本SNSやプレイヤーレビューコミュニティにおいてはどうやら2,3も4,5と同レベル扱いのようだ。

何も言えないのでは?
要するに「ステージ1までクリアした範囲でこう感じた。こう思った」という「弱い発言」も一切出来ないとなる。
(プレイしてないことを隠して発言した方が、むしろ角が立たない)


これは4,5層によるバッシングが問題視され…という背景はある。

2,3も確かに根性は無いが、プレイしてないのを隠して発言するより誠実だと思ったが、印象が全てのようだ。
(欺瞞を余儀なくされるということ)f*ck

・日本のコメントは辛辣なものしかないのか?

日本が減点式と言われるのは「褒める事の難しさ」にあると思われる。欠点を挙げることは簡単だが、理論立てて褒めるのはかなり難しい。

すごい!すばらしい!楽しい!でも🦐は良いと思うけどね。


でもって、上で述べたとおり「弱い意見が排斥されている」点にもあると思われる。

「楽しかった」とか「このキャラが可愛かった」とか簡単な意見、ステージ1だけで受けた印象はどうなったか?


上の話と合わせると「にわかと叩かれそうなので言わない」
ということになる。


つまり、「弱く褒めて、弱く指摘する」行為は「エアプ行為」と認識されるため、そういうのは表に出ない。


※そうじゃない、と言う反論は受けてもえびにはどうしようもない。エアプコメントしたつもりがなくても(実際にプレイした範囲に留めても)、そう勘違いされるということもあったということ。

それくらい(エアプ認定に繋がる発言には)ピリピリしてるようだ。

※🦐のように、小さな事でも(特に褒め言葉を)はっきり作者等に伝えてる人には今後も頑張って欲しいと言いたい


これだとまあ緩い意見は出ないし、誠実に意見する人もクリアした人のみくらい。
褒めるのは難しいしで、辛辣で強力なコメントのみが出やすいということになる

(ゲーム評論に限らず、全てのコメントについて言える)


「日本で最初に出すと評価が落ちる」というのもまあ一部その通りだとは思う(上の話からして)。

ただ、海外製の場合、単純に「日本語対応が手間」というのは十分あり得るので、あんまりカッカしすぎるのもどうかと思う。

(アンダーテールもGMS製なので、マルチバイト/日本語対応に四苦八苦してた模様)

最近は日本語対応の洋ゲーやインディーがむしろ増えてる傾向があって、SteamやOriginによる洋ゲー普及の成果と思われる。


まあ、この話は荒れやすいので今回で止めにしておく。


・今週

今週は特に製作以外何もしてない気がする…イカもやってない…


■スクショ

ウーン、服ビリ差分…

( ᕦ 。 ᕤ)

m.mさんとあふろださんのとこの子in カス子

みーふぁちゃんの羽は腰にあるらしい。つまりこう飛ぶと…

服ビリ前



0 件のコメント:

コメントを投稿